【タコ図鑑004】ゼブラオクトパス

zebura1

ゼブラオクトパス
学名:Thaumoctopus mimicus(Norman & Hochberg, 2005)
英名:Mimic Octopus

界 : 動物界 Animalia
門 : 軟体動物門 Cephalopoda
綱 : 頭足綱 Cephalopoda
目 : 八腕形目 Octopoda
科 : マダコ科 Octopodidae
属: Thaumoctopus
種 : ゼブラオクトパス

zebura2

■生態

別名ミミックオクトパス。
本種は正式な和名が現在つけられておらず、
ゼブラの名もミミックの名も通称である。

体長は最大60cm程度。主にインドネシアに生息しており、
「ゼブラ」の名の通り黒色と白色のシマ模様の体表を持つ。

また、本種は優れた擬態能力を持っており、
ウミヘビ、カレイ、イソギンチャク、ヒトデなど様々な物そっくりに自らの姿を変える事が出来る。
この擬態能力によって天敵から身を守る事ができ、また自らが獲物を捕獲する際は弱い生物に擬態などして
相手を油断させる。擬態のバリエーションは豊富で40種類にも及ぶと言われている。
この優れた擬態能力から上にも書いたように「ミミックオクトパス」の名でも呼ばれる。
※ちなみに「Mimic」は生物学上「擬態」の意。

 

動画:ゼブラオクトパスの擬態

 

 

photo credit: PacificKlaus via photopin cc
photo credit: “Buzz” via photopin cc

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>